半襟の付け方

きれいな衿元のためには、半衿のつけ方にもちょっとしたコツが必要です。 とはいえ、そんなに難しいことではありません。初めて方が、よく戸惑うのが半衿のつけ方ですが、きものに慣れている方なら、さまざまな工夫をしています。 ここでは、差し込む衿芯を使った半衿のつけ方を紹介します。
ご自分で半衿を付けるのが苦手な方・綺麗に刺繍柄を見せたい方は、半衿付けのご注文 も承ります。

半襟付けで準備するもの

  • 長襦袢
  • 半衿
  • 衿芯(差し込みタイプ)
  • マチ針
  • 縫い糸
  • 縫い針
  • くけ台
  • アイロン

その1.半襟にアイロンをかけて布を落ち着かせましょう。

半衿全体をアイロン掛けします。

アイロン掛けは、絹の場合は中温で裏から、ポリエステル衿の場合は当て布をします。

その2.長襦袢の表側(外側)の襟から縫いつけスタート!

半衿の両端を2、3センチ折り込み、軽くアイロンを掛けます。

半衿を折り込むのは、長襦袢の地衿に紐が付いている場合等、半衿の長さ調整のためです。

縁に沿って、しつけ縫いをします。

しつけ縫いとは、本縫いではなく、縫い目や折り目を固定するために、仮にとじたり、押さえ縫いをしておく縫い方です

半衿の耳の片方を約1.5cmほど裏に折り込み、アイロンを掛け折り目をつけます。

長襦袢の衿の表側(外側)を出し、背中心と半衿の中心を合わせ、マチ針で留めます。

背中心から、両肩あき、半衿の端までマチ針を留めてゆきます。

半衿の端から、くけ縫いをします。
端まで縫えば、表側の衿付けが完成!

くけ縫いとは、一針すくって、その針目を返して一針進む縫い方です。この場合は、半衿と長襦袢の衿のそれぞれの折山から0.1cm内側を、両方同じ間隔(0.5〜0.7cmくらい)で表に出ないようにすくって閉じていきます。
くけ縫いイラスト

その3.次は長襦袢の内側(裏側)を縫いましょう。

長襦袢の内側(裏側)を出し、長襦袢の衿幅に合わせて半衿を折ります。

(5)(6)と同様に、背中心から、両肩あき、半衿の端までマチ針を留めてゆきます。ここで軽くアイロンを掛けておきます。

(7)と同様に、半衿の端からくけ縫いをしてゆきます。端まで縫えば、内側の衿付けが完成!

その4.最後は衿芯を差し込んで出来上がり!

衿芯を長襦袢の内側の衿に差し込んで、完成です。

差し込む衿芯は、長襦袢の衿の内側に差し込みます。外側に差し込むと、着たときに衿芯の形が表に響くので注意が必要です。
衿芯画像

このページの先頭へ

さんび堂 外観

さんび堂 ロゴ

季節ごころ、おしゃれ心、京ごころを楽しむ、
風呂敷と和小物の専門店

京都・烏丸本店
営業時間:11時−19時 (火曜休み)
京都・嵐山店(嵐山昇龍苑2F)
営業時間:10時−17時 (年中無休)
インターネット注文について
お問合せ:075-341-2122(10時−17時 土日祝休)
さんび堂のホームへ
荒川益次郎商店 外観

荒川益次郎商店 ロゴ

明治19年創業の和装小物の老舗「荒川」が提案する、世界でゆいいつの半衿専門店

荒川益次郎商店
営業時間:11時−19時 (火曜休み)

※「荒川益次郎商店」と「さんび堂・烏丸本店」は、隣接しています。

半衿のインターネット注文について
お問合せ:075-341-2122(10時−17時 土日祝休)
荒川益次郎商店のホームへ
さんび堂 荒川益次郎商店